そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

         ショップの入り口へGo!


血液の汚れ

血液の汚れは病気、早老、老化の原因


血液の役割


・ガス交換(赤血球)

・栄養素の運搬(血漿)

・水分、電解質などの運搬(血漿)

・ホルモンなどの運搬(血漿)

・有害物質からの防御(白血球)

・止血作用(血小板)

・体温の調節(血漿)

以上のように、血液は極めて重要な役割を担っている。このような働きがうまく機能しなくなった状態を、東洋医学では「お血」(オケツと読みます)と呼びます。


血液の汚れの原因

1.運動不足

2.ストレス

3.心身の過労

4.長期的な病気

5.食事の不摂生

6.生活環境異常(過剰な冷暖房)

7.虚弱体質


お血と関係の深い病気

1.神経痛、リウマチ、関節炎、筋肉痛
2.冷え性、肩こり
3.皮膚掻痒症、アトピー性皮膚炎、乾性湿疹
4.外傷性お血性疼痛(ねんざ、打撲)
5.疲労
6.血管神経性頭痛、脳外傷後遺症の頭痛
7.動脈炎、静脈炎、血栓性血管炎
8.動脈硬化症、高脂血症、高血圧症
9.月経困難症(月経通)、不妊症
10.慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆石症
11.腫瘍、できもの、前立腺肥大
12.慢性腎炎、ネフローゼ、水腫
13.機能性障害(不妊など)
14.肝炎、肝硬変
15.健忘、不眠、イライラなど
16.子宮内膜症、子宮筋腫

前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ