そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

         ショップの入り口へGo!


手、腕、肩の痛み
【PR】 「痛み・コリ・しびれに!」1分間からの癒し「太長寿」

【PR】 「コリ・血行改善に!」交流磁気シャワー「ソーケン」

【PR】 「コリ・痛みに!」簡易針治療器「ひしん」


反復運動過多損傷(RSI)は古くて新しい傷害です。

反復運動過多損傷とは?

昔から手や腕を酷使する専門職の人たち音楽家、運動選手、職人などは、手、腕、肩の異常を訴
えることがよくありました。そして近年、世界中でコンピューターユーザーが同じような訴えを
することが多くなりました。
米国での統計によると、91年までに報告された全職業病の約60%が反復運動過多損傷による
ものでした。この数値はコンピューターが普及するまでの78年までに比べ14%も増加してい
ます。反復運動過多損傷はさまざまな症状として現れます。

◆腱炎(テニス肘、ゴルフ肘、肩腱炎など)
◆腱滑膜炎(親指伸縮傷害、バネ指など)
◆頚椎神経根症(首を中心に、前腕、指などに痛み)
◆毛根管症候群(指のしびれ、ちくちく感、手首の痛み)
◆橈骨管症候群(親指付け根から肘にかけての痛みなど)
◆肘部管症候群(肘、腕の内側全体にかけての痛みなど)
◆胸郭出口症候群(肩、上腕、前腕、手首などの痛み)
◆筋肉痛(手から肩、首、上背部などの痛み)

コンピューターユーザーに反復運動過多損傷が多い理由

・コンピューターユーザーの絶対数の多さ
・長時間、同一姿勢で、同一動作を繰り返すことが多い
しかも休みなく来る日も来る日もそれの繰り返し
・マウス操作などによる、手首や腕の酷使
・叩き付けるようなキーボード操作
・浅く、不規則な呼吸
・ストレスが増大、蓄積されやすい環境
・眼精疲労−視力低下−姿勢の悪化の悪循環


反復運動過多損傷の予防

・自分の体の異常に常に気を配り、異常を放置しない
・積極的なマッサージの励行
・こまめな休憩
キーボード、ポインティングデバイスの調整
姿勢などの悪い癖の改善


血行を良くすることと、体の一部に負担をかけ続けないことが予防のポイント


反復運動過多損傷に効く栄養と食事

・抗酸化栄養素を含む食事をこころがける(関節炎に有効)
・カルシウム、マグネシウムの摂取(筋肉に有効)
活性酸素に負けない食生活を参照
血液のためによい栄養と食事を参照

反復運動過多損傷を予防するためのツボ療法

・急性の痛みは「冷やす」慢性の痛みは「暖める」が基本。
・肘関節痛には「曲池」のツボ
肘を曲げた時にできるしわの先端を、親指の爪先で肘の先端に向けて強く押す。
・肘と手首の痛みには「四トク」のツボ
手の甲側の手首と肘の中間を親指で押えたまま、押えられている方の手を握ったり開いたりして下さい。