そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

         ショップの入り口へGo!


活性酸素に負けない栄養素 その1

ビタミンやミネラル分などの「低分子抗酸化物」を食べ物からバランスよくしっかりとることが基本です。

1.ビタミンE(トコフェロール)の働き

・多価不飽和脂肪酸でできている生体膜は、活性酸素によって過酸化脂質に変わりやすいが、ビ タミンEはこれらの防止に役立ちます。

・ビタミンEは、活性酸素に電子を渡し、活性酸素を消去します。

・渡してしまった電子は、ビタミンCなどから補給されます。

・ビタミン剤を用いる時は、「α−トコフェロール」と表示のあるものがおすすめ。

・ビタミンEを多く含む食品

アーモンド、ヘーゼルナッツ、鰻蒲焼き、たらこ、ひまわり油、落花生、カボチャ他


2.ビタミンCの働き

・ビタミンCは、スーパーオキシドや一重項酸素などの活性酸素に電子を渡し、消去します。

・生理的生成物のスカベンジャーである尿酸がラジカルになった時、電子を渡します。

・ビタミンEに電子を補給し、助けます。

・渡してしまった電子はビタミンBから補給されます。

・1日の摂取量には様々な説がありますが、2000mgとかの大量摂取となるとビタミン剤に頼るしかありません。

・ビタミンCを多く含む食品

グアバ、イチゴ、ミカン、パパイア、キウイ、レモン、ブロッコリー、菜の花、その他の野菜・フルーツ


3.ビタミンA、βカロチン

・はじめからビタミンAの形で動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれ、体内でAに変わるβカロチンとがあります。レチノールは過剰症の心配があります。

・βカロチンは、ビタミンE同様の抗酸化力を持っています。ビタミンC、Eと協力して活性酸素を消去します。

・ビタミンAも強い抗酸化力を持ち、活性酸素を消去します。

・βカロチンを多く含む食品

ニンジン、シソ、パセリ、春菊、コマツ菜他

抗酸化栄養素はネットワークとして機能します。いずれか特定の栄養素だけを大量に摂取すれば良いというものではありません。各栄養素を過不足なく摂取することが大切です。
前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ