そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

         ショップの入り口へGo!


活性酸素と疾病の関係

活性酸素はあらゆる疾病の9割に悪影響があると言われています。
肌のシミ、シワの原因も活性酸素によるものです。

1.ガン

・ガン細胞を発生させるイニシエーター候補
 活性酸素、ガンウィルス、紫外線、放射線、農薬、タバコ、食品添加物、ストレス
・ガンウィルスを除くすべてが、活性酸素の発生原因でもあることに注目して下さい。
・ガン細胞を活性化させるプロモーターのひとつに活性酸素があげられています。
・紫外線と皮膚ガン、タバコと肺ガンの因果関係は誰も否定できません。
・放射能は白血病などのガンを引き起こします。
・ベトナム戦争で使用された「枯れ葉剤」に含まれるダイオキシンは、体内で大量の活性酸素を発生させます。そして多くのDNA損傷の結果 、多数の奇形児の例が報告されています。


2.心臓病

コレステロールそのものが原因ではない。

・コレステロールには善玉(HDL)と悪玉(LDL)とがあり、共に必要不可欠のものです。
・血液中にLDLが増え、そこに活性酸素が発生すると、LDLは過酸化脂質に変化します。
・過酸化脂質はマクロファージが食べます。
・食べ過ぎると、マクロファージは泡沫細胞となり、死んでしまいます。
・これらの泡沫細胞や過酸化脂質が動脈壁に付着し、動脈硬化へと進みます。
・この動脈硬化が、狭心症や心筋梗塞の原因となります。

さらに最近の研究では、動脈硬化の真犯人はLDLではなく、ホモシステインであるとの報告もあります。LDLは誘因ではあっても原因ではないとの説です。


3.脳疾患

・体内で消費される酸素の20%は脳で消費されます。
・脳は活性酸素発生の機会がとても大きい場所です。
・脳出血は、活性酸素によって血管内壁の一部がはがれ、所に過酸化脂質がついて「こぶ」がで き、その「こぶ」 が破裂して出血する状態です。
・脳梗塞は、血管がふさがれ血流が停止し、脳細胞が酸欠状態になります。そして血液の再灌流 時に発生する活性酸素により障害が発生します。
・脳神経細胞は、不飽和脂肪酸が多く、酸化によって過酸化脂質を生成しやすいものです。
・脳神経疾患のアルツハイマー、パーキンソン病などに活性酸素が関係しています。
・DHAやEPAも非常に酸化しやすいのでこれらを含む健康食品の品質にも気を付けましょう。

前のページ  ホームページ   次ページ   章先頭へ