そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

          ショップの入り口へGo!


ストレス

何事もほどほどがよろしいようです。過度なストレスは万病のもと

ストレスがまったく無い環境に居ると人は健康を維持できません。しかし、ストレスが度を越すと心身にさまざまな悪影響をおよぼします。これらは様々な実験からも明らかにされています。

◆ストレスは精神と肉体の両方を蝕む。

交感神経系と副交感神経系のバランスが崩れると、神経系統や大方の内臓や生体機能に悪影響が出ます。


◆ストレスの原因(ストレッサー)は?

個人差や社会環境の違いなどもあり、原因を特定するのはなかなか困難です。しかし、原因が何であれ、ストレスに対する生体反応はみな同じです。(カナダのハンス・セリエの学説)


◆ストレッサーとして考えられるもの

物理的:暑さ、寒さ、放射線、照明、有機溶媒、一酸化炭素、騒音など
生物的:絶食、飢餓、細菌、労働、妊娠など
社会的:職場、学校の人間関係、家庭不和、産業経済構造の急激な変化など
心理的:恐怖、興奮、不安など

人の心の中だけでも(想像だけでも)増幅されるのがストレスの特徴です。

1.ストレスと疾病との関係

2.コンピュータ作業とストレス

3.ストレス自己チェック

4.ストレスを予防する日常習慣

5.さまざまなリラクゼーション

6.ストレスに効く栄養と食事