そうけんくらぶ

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

          ショップの入り口へGo!


疲れ目


我慢していませんか?「疲れ目」

眼が疲れた時は、脳も疲れています。リフレッシュしましょう!

誰でも眼は疲れます。


人間にインプットされる情報の8割近くが「眼」を経由しているといわれているのですから。
しかもコンピュータユーザーの場合はさらにこんなに悪条件がいっぱいです。

・視点が近い場所に制限されやすい
・細かい作業が多い(GUIが主流になってからなおのこと)
・発光体(モニタ画面)を凝視し続ける
・まばたきが極端に少なくなる

欧米に比べVDT作業による眼精疲労の話題が多いのはなぜ?

15才以下の子供たちの60%以上が視力低下に悩んでいます。
この子供たちが大人になり、さらに視力低下が進んでも、昔からそうだから仕方がないとあきら
めてしまう人が多いのではないでしょうか。また、アルファベットに比べ圧倒的に画数が多い漢
字を、欧米と同じサイズのモニタ画面で見ることの負担も大きいのではないかと思います。

眼(or脳)が疲れると?

・視力低下。やがては強度近視へ。
・生産性が低下する(不快感の増長、ミスの多発)
・姿勢の悪化による、手、腕、肩などの痛みを誘発
・反復運動過多損傷
・ストレスの蓄積による疾病の誘発


視力改善ツアーへのお誘い

さあそれでは、具体的な方法をご紹介します。
あなたが今すぐできることから始めて下さい。
じっくりと腰を据えて。3年かかって視力が落ちたなら、3年かけて回復するくらいの気持ちが
大切です。

1.モノが見える仕組み

2.眼を守る日常習慣


3.積極的な眼のリラクゼーション

4.眼に効く、栄養と食事

5.眼と懐具合に優しい作業環境の工夫