夏を快適に乗り切る

ホーム疲れ眼ストレス手・腕・肩痛健康料理心のケア商品一覧サイト案内

           ショップの入り口へGo!


夏におすすめのサプリメントはこちら>>

●夏のだるさはどうして起こるの?

ズバリ!暑さや冷房に体が適応できなくなり起こります。

主な原因としては、

◆暑さ

1.水分摂りすぎで胃の機能が低下し、食欲不振、栄養不足になる
2.発汗で血管内脱水が起こり血液がドロドロになる
3.睡眠不足で疲労感が残る

◆冷房

1.冷房の効きすぎによる冷え
2.室内外の温度差から自律神経が失調状態になる

●汗をかいた時は、しっかり水分補給

汗をかいた時は、スポーツドリンクまたはミネラルウォーターを摂りましょう。
あまりギンギンに冷えたものは胃を痛めつけます。

甘いジュースや炭酸飲料は最悪です。かえって胃の機能低下を招きます。

●夏バテ予防・回復には入浴がおすすめ

暑いからといって、シャワーだけで済ます方が多いと思いますが、入浴には
さまざまなメリットがあります。

入浴は疲労物質を減少させてだるさや疲労感を軽くします。血行を促進して
冷房のあたり過ぎによる冷えを改善する。リラックスできて安眠を誘うなど
夏バテに大きな効果があります。

お湯はぬるめにすることがポイント。熱いと交感神経が刺激され、緊張状態を
強めてしまいます。入浴中は好きな音楽を聴いたり、お気に入りの入浴剤を
上手に使うのも良いでしょう。みぞおちから下の部分だけお湯につかる半身浴
もおすすめです。

本物志向の入浴剤です!

薬湯 瑞恵(ずいけい)
薬湯 萬祥(ばんしょう)


●「冷え」体質は夏につくられている!!

そういうと、皆さんは「えっ?」と意外に思われるかもしれません。でも、本当のことな
のです。

毎年、夏になると、身体がだるい、活力が出ない、寝つきが悪くなるなどの症状が出る
という経験はありませんか。

これらの症状を暑さからくる「夏バテ」と思っていらっしゃる方も多いようですが、実
は、自らがつくりだしている「冷え性」体質によるものである可能性が高いのです。

その訳をご説明しましょう。

夏になり、冷たいものをたくさんとりすぎたり、クーラーの温度を下げすぎると、身体
のバランスを調整している自律神経の調節機能は乱れてきます。

すると、身体の中で本来行われるはずの体温調整もうまくいかなくなつてしまいます。

身体が冷えると各臓器の機能も下がってきます。

最も影響を受けやすい臓器は腸です。

栄養の消化吸収と排泄を担うだけでなく、様々な免疫系統が存在している腸は、健康を
保つ上でとても重要な臓器です。しかし、「腸能力」といってもいいほどのパワーを持
つ腸も、「冷え」にはとても弱いのです。

腸の機能が低下すると、

@腸のぜん動運動(収縮と弛緩を繰り返す動き)が低下し、便秘がちになる。

A血液の循環が悪くなり、栄養が運ばれなくなったり、有害物質の排出ができにくくな
る。

B免疫細胞の動きが低下する。といったことが起こります。

つまり、冒頭で言った、夏になると表れる体調不良は、暑さだけではなく、腸の機能低
下から引き起こされる「冷え」も原因になっていたのです。

「冷え」体質を防ぐためには

「腸を冷やさない」。

「腸能力」を回復させるには「消化の良いものを選び、良く噛んで食べる」、「食物繊
維をしっかりとって腸をキレイにする」。この三つの実践が大事です。

冷たいものをとる回数を減らして、できるだけ温かいものをとることを心がけ、室内や
車内などでのクーラー対策には、ひざ掛けや力ーディガンなど軽くはおれるものを携帯
して、「冷え」から身体を守りましょう。

ちょっとした工夫でも効果は大です。

冷えに負けない身体で、快適に夏を乗り切りましょう!


●『えっ、夏なのに脳梗塞!?』

不思議に思うかもしれませんが、夏に脳梗塞を起こす人は実は多いのです。

夏は、汗をかくことで体温の上昇を抑えていますが、体内の水分が減ると、血液は濃く
なり粘り気が出てきます。

血液がドロドロになれば血栓もできやすく、これが脳梗塞を引き起こす原因となります。
汗を大量にかく夏は、脳梗塞になる危険が高い季節なのです。

そのことを知らないと、つい涼しさを求めて、急に冷房の効いた部屋に移動したり、冷
たい飲みものをたくさん飲んだりしてしまいます。

ここが重要なポイントで、体内が冷えると血管は収縮し、脳の血管が血栓などでふさが
れて、血流が悪くなり脳梗塞を引き起こしやすくなるのです。

『朝、起きた時に喉がカラカラだと
、感じることはありませんか?』

寝ている問は、たくさん汗をかくため、寝起きは脱水症状に近い状態になっています。

成人の場合、水分が一〇%減少すると脱水症状が現れるといわれています。

大量の汗をかいた後、ロの渇き、頭痛、尿が減るなどの症状を感じたら、それは身体が
送っている脱水症状のサイン。

そうならないためにも、夏場は特に意識して、コップ一杯の水をゆっくり飲むようにし
てください。

『後遺症 家族に心配はかけたくない』

「寝たきり」の約四〇%は、脳梗塞を含む脳血管疾患の後遺症によるもの。発作前とほと
んど同じ状態まで回復できる人は一〇人に二人くらいといわれています。

後遺症に苦しみ、介護の必要な生活を送っている人も少なくありません。倒れる前に、
まず予防が肝心です。

3つ以上で赤信号!!脳梗塞危険度チェック

□血圧が高い。
□血糖値が高い。
□コレステロール値が高い。
□肥満気味だ。
□ー日の水分摂取量は2リットル未満。
□熱めの長風呂が好き。
□タバコを吸う。
□ほとんど運動をしていない。
□夏は冷たい飲みものを摂ることが多い。
□イライラすることが多い。

上記チェック項目には、高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満などの原因となるものが含ま
れていますが、これらの症状が重なると、脳梗塞になる可能性はますます高くなります。

脳梗塞は突然起こるものではなく、生活習慣を見直すことで回避できるのです。

バランスの良い食事、適度な運動と水分補給を心がけ、この夏を元気に乗り切りましょ
う!



●夏こそ危険!!脳梗塞
 発汗を放置すると血液はドロドロに


一年の中でたくさん汗をかく、この季節。みなさんは、どんなことに気をつけてお過ご
しでしょうか?

大量に汗をかくと、体内や血液中の水分が減るため血液は濃くなり、流れも悪くなりま
す。身体中に酸素や栄養素が行き渡らなくなるばかりか、この状況が進むと脱水症や脳
梗塞を引き起こしかねません。

しかも、私たちが「喉が渇いた」と感じる時には、すでに水分が足りない状態になって
いることが多く、加齢により喉の渇きを感じる力も鈍くなっています。

この時期、最も気をつけたいのが水分補給です。一度に吸収できる水分の量はコップ一
杯程度(二五〇ミリリットル)で、それ以上は尿として排出されてしまうため、運動中は
特に二〜三〇分ごとにコップ一杯程度の水分補給が必要です。汗でミネラルも排出しま
すので、ミネラルを含んだ水分を摂るのが良いでしょう。

トイレが近くなるため夜間は水分を控えるという方がいますが、寝ている問にはコップ
一杯分ほどの汗をかくといわれています。

就寝中の脱水症や朝方に起こりやすい脳梗塞を回避するためにも、寝る前にコップ一杯
の水を飲むように心がけましょう。

またトイレに起きたついでに、コップ半分くらいの水を飲むこともお勧めします。

血液の流れを良くし血管を健康な状態に保つために、バランスの良い食事を摂ることが
大切です。

高脂肪や高コレステロール、塩分過多の食事は控え、ビタミン、ミネラルを含むキノコ
や野菜や海藻類を積極的に摂ったうえでサプリメント等を上手に取り入れて補うのもお
勧めです。

ウォーキングやストレッチ運動を行なうことで、血液やリンパの流れが良くなりストレ
ス解消にもなります。充分な休養を取り、心身ともにリフレツシュしましょう。


●夏の健康管理は体温調節から

体に悪いとはわかっていながら、都会ではクーラー無しの夏なんて考えら
れません。でもクーラー漬けの毎日が続くと、当然体に悪い影響が出ます。

・だるくて疲れが取れない
・足腰が冷える
・肩こり・頭痛
・神経痛
・胃腸障害
・生理不順
など。

これらはすべて長時間、クーラーで体を冷やしすぎることが原因です。

●体を冷やし続けると自律神経が乱れる

体温は自律神経の働きで常に36.5℃前後に保たれています。この自律神経には
交感神経と副交感神経があり、体温が上がると副交感神経が働き、血管を広げ
血流をゆるやかにし、体をリラックスさせます。また汗を出して体温を下げる
ように汗腺に指令を出します。

他方、体が冷えてくると、交感神経が働きを強めます。血管を収縮させ、血流
を活発にし、血液を脳や心臓など重要な臓器に優先的に流し、体温が下がらな
いようにします。手足の毛細血管は後回しになるので、手足は一時的に冷えま
すが、体の中心部が温まると手足の毛細血管にも血液が循環して体全体が
36.5℃前後に保たれます。

ところがクーラーで体を冷やし続けると、自律神経が体温を上げようと頑張っ
ても体が温まりません。このように交感神経ばかりが長時間働くと自律神経が
乱れて、さまざまな不快症状がでます。

●10℃以上の温度差は体にはキツイ

10℃以上温度が高い所に移動した時に感じる衝撃を「ヒートショック」、
逆に10℃以上温度が低いところに移動した時に感じる衝撃を「コールド
ショック」といいます。

このようなショックを繰り返していると、自律神経は温度変化に対応でき
なくなります。

体温を上げるべきか、下げるべきかわからなくなてしまうのです。

銀行、コンビニ、オフィス、レストラン、喫茶店、電車など人の出入りが多い
所は、温度がかなり低めになっています。

着るものを工夫して対応しないとクーラー病になる可能性が高くなります。

●汗を上手にかく練習をする

暑くなった体を冷やし、体温をすばやく下げるには、全身で一気に汗をかく
ことです。通常汗は、顔から首筋、おなかや背中と徐々に出て、その後、
手足から発汗します。

ところが年中暑い所に住む人々は、全身ほぼ同時に汗をかくことができます。
この働きで体温をすばやく下げることができま

す。1日2時間はクーラーのスイッチを切って、自然の風の中で汗だくに
なりましょう。これを2週間程度続けると、全身からすばやく発汗できる
ようになります。なお練習中は水分補給を忘れませんように。

発汗を抑える制汗剤の多様は控えましょう。

●夏の疲れがどっと出てどうしようもない時は、アミノ酸

寝不足、食欲不振、ビールの飲みすぎなどが積もり積もって、何をやっても
だるくて仕方がない。そんな時は、吸収性の良いアミノ酸を摂りましょう。

アミノ酸とはタンパク質を構成する最小単位です。人間の体を作るタンパク
質はいくつものアミノ酸の集合体です。

アミノ酸は生命体の設計図・DNAの遺伝子情報を元に結合し、それによって
私たちの体が作られます。脳、内臓、骨、血液、神経伝達物質、ホルモンに
いたるまですべてがアミノ酸からできているのです。

私たちの体は約60%が水分で構成され、タンパク質が体重の20%を占め
ています。

体重50kgの人は約10kgがタンパク質です。このタンパク質を構成している
のが20種類のアミノ酸です。

DNAからの注文があってから1時間以内にアミノ酸は細胞まで届けられます。
しかし腸内環境が乱れている現代人や疲れきっている人にはアミノ酸をペプ
チド化しより一層消化吸収力を高めた、大豆ペプチド飲料がおすすめ。


●食欲が無いときはどうすればいいの?

食欲がないのに無理やりたくさん詰め込むのはやめましょう。
冷たいものの摂りすぎはやめましょう。余計に胃が萎縮してしまいます。
胃の機能が低下しているから食欲がないのです。無理して食べたら悪循環です。
こんな時は、消化吸収性にすぐれた食品を上手に活用しましょう。


●睡眠不足はどうすればいいの?

◆室温、照明、騒音、寝具などで対策
◆昼間の適度な運動で体を疲れさせる
◆ぬるめのお湯で半身浴


★恐ろしい熱中症!でも、熱中症は必ず予防できる

熱中症は、炎天下でのスポーツや屋外作業中だけに起こる症状と考えられがちですが、
気温がそれほど高くなくても熱中症で死亡に至るケースがあります。今夏は猛暑が予想されています。
熱中症は正しい知識を持つことで、必ず予防できる症状です。

★熱中症になりやすい人

・体力がない
・肥満
・クーラーのきいた部屋にいることが多く、普段汗をかき慣れていない
・高血圧
・我慢強い性格
・過去に熱中症になったことがある

★熱中症の予防

●暑い日に外出するときは、熱を発散させるために薄着を心がける…

通気性のよい綿などの衣服をえらび、汗をかいたらこまめに着替えをして、帽子も着用を。

●ノドが渇く前に水分補給をする…

"ノドが渇いた"と感じた時点で、体はすでに軽い脱水症状を起こしています。
運動時は15分に1回は、コップ1杯の水分を補給しましょう。

熱中症には様々な

●体調がすぐれないときは暑い日の外出を控える…

睡眠不足や二日酔いのときなどは、暑い日の外出や運動は控えましょう。

★熱中症になってしまったときの応急処置

基本的な対処

1.涼しい場所に移動させる
2.ベルトなど、衣服をゆるめる
3.水分を補給する

●筋肉が痙攣している(熱痙攣)

痙攣している部分をマッサージし、塩分0.9%の天日塩水(水200ccに天日塩3g)を含んだ水分を、
少しずつ何回にも分けて補給する。にがり成分を含んだ天日塩を使用すれば、
塩分だけでなくミネラルも補給できる。

●皮膚が青白い(熱疲労)

涼しい場所であお向けに寝かせ、足を高くし、約O.2%の塩分(水200ccに天日塩0.6g)を
含んだ水分を、少しずつ何回にも分けて補給する。

●皮膚が赤くほてり、体が熱っぼい(熱射病)

上半身を高くして寝かせ、とにかく体を冷やす。首の後ろ、わき、太もものつけ根に
冷やしたタオルや保冷剤をあて、うちわなどで風を送って集中的に冷却。
意識がない場合は即、救急車を呼びましょう。



★気温25度以下でも起こる熱中症

熱中症は真夏の病気と思われがちですが、気温25度以下の、
それほど暑くない環境下でも起きるものです。

今年4月、車中に放置された生後10ヵ月の赤ちゃんが、熱中症で死亡したという事件がありました。
赤ちゃんが車中に放置されていた時間は90分。この日の最高気温は24・2度で、窓は左右とも
2pほど開けられ、日よけの網も、窓の内側につけられていました。24・2度というと、真夏日ではなく、
換気もされていたので大丈夫なように思えますが、実は、車の中というのは、私たちの想像以上に、
短時間で温度が上がってしまうものなのです。

日本自動車連盟(JAF)が行った車内の温度テストによりますと、気温25度で、車内のエアコンを切った場合、
11分後に車内の温度は36度まで上昇、後部座席に置かれた3歳児を想定した人形の後頭部は、
わずか5分で39度、15分後には50度にも達していることがわかりました。

この赤ちゃんのお母さんは、「短時間だから大丈夫だと思った」と話していたそうですが、
自動車という空間の密閉性や、赤ちゃんの平熱が高いことを考えると、ちょっとの油断も禁物です。

文部科学省の調べでは、熱中症による死亡事故は、7、8月に集中しているものの、1月・3月・12月以外の
すべての月で、死亡例があるということですから、正しい知識を持って、常に予防することが大切です。

熱中症は体の、中と外のあつさ"によって引き起こされる、暑熱障害の総称で、おもに次の3つに分類されます。


●熱痙攣(ねつけいれん)…

激しい運動をすると、大量の汗とともに血液中の塩分やその他のミネラルも排出されます。
その際、水だけを補給すると、血液中の塩分濃度が低下し、脚や腕の筋肉に痙攣が起こることがあります。
ミネラルを含んだ水分を補給し、涼しいところで安静にすれば回復します。

●熱疲労…

熱射病の前段階の症状です。多量の汗をかいて脱水症状が進み、めまいや脱力感、頭痛、吐き気、嘔吐などの
症状が起こります。血圧が低下し、脈が速くなり、顔面蒼白に。涼しい場所に移動して、衣服をゆるめ、ミネラルを
含んだ水分を補給すれば、ほぼ回復します。

●熱射病…

体温調節中枢機能に異常をきたし、汗を出して体温を下げることができず、体温が40度以上に上昇し、
大変危険な状態になります。皮膚が赤くほてり、皮膚が乾燥した状態になり、嘔吐や意識障害、多臓器不全を起こし、
最悪の場合、死に至ります。

熱中症は、体内の水分が不足して起こる脱水症状によって、体内の体温調節機能がコントロールを失い、
体の中に、熱がこもってしまう病気です。

★熱中症のメカニズム

熱中症を引き起こす原因を知るには、まず、人の体温を調節するメカニズムを知っておく必要があります。
体温が上がったときに、体温を一定に保つように調節する方法は、おもに次の2つです。

1.皮膚の表面から熱を放出する

2.汗をかき、その汗が蒸発するときに熱を奪う働き(気化熱…「打ち水」と同じ原理)を利用して体温を下げる

気温が高くなると、私たちは、半そでに着替えるなどの薄着をして、皮膚から熱を放出して体温を下げます。
それでも間に合わないときは、汗をかいて調節します。たとえば、激しい運動時は、筋肉から大量の熱が発生し
、放っておくと体温は平常時の10倍以上にもなります。そこで私たちの体は、普段より大量の汗をかいて、
体温を一定(36・5度前後)に保つよう、自動的に調節する機能が備わっているのです。

汗は血液中の水分からつくられていますから、汗をかいた分の水分が補給されなければ、
血液中の水分は減って血液はドロドロになり、全身の血流が悪くなってしまいます。すると、
各細胞に酸素や栄養分が、スムーズに届けられなくなり、上記の熱疲労(めまいや頭痛、吐き気など)や、
汗とともに塩分やミネラルが大量に失われ、血液の塩分濃度が薄まって起こる熱痙攣を起こすのです。

熱疲労や熱痙攣の状態を長時間放置してしまうと、ドロドロになった血液が血管をつまらせ、心臓や肝臓など、
各臓器に障害が起こる多臓器不全を起こします。そして、最悪の場合は、死に至る熱射病を、招いてしまうのです。

★熱中症予防の基本は脱水症状を防ぐこと

熱中症のメカニズムからもわかるように、熱中症予防のカギは、汗をかいた分、こまめに水分とミネラル補給をして、
脱水症状を防ぐことです。

脱水症状とは、一般に体重の3%の水分が失われた状態をいいます。3%の水分というと、体重50sの方で1.5リットル。
そんなに汗をかくことはないから大丈夫、と思われるかもしれませんが、私たちは気づかないうちに、意外に多量の汗を
かいています。

普段、1日にかく汗の量は約350mlほどですが、
夏場になると部屋のなかでじっとしているだけでも、
室温29度で1時間に125ml、
外を歩くと1時間に500ml、
炎天下で運動をした場合は、1時問に2リットル

もの汗をかいています。

また、汗以外にも、排尿や涙などで、私たちの体からは、多量の水分が常に排出されています。

年齢とともに体内の水分量そのものが減ってしまっている高齢者や、体の小さい乳幼児は、
少量の汗でも脱水症状を起こしやすいので、さらに注意が必要です。

★湿気も脱水症状のひきがねに

また、湿度の問題も脱水症状の引きがねになります。

先にも述べましたように、私たちの体は、体温が上がると汗をかき、汗が蒸発するときに熱を奪う働きを利用して、
体温を調節します。

ところが、湿度が75%を超えると、汗は蒸発せずに、皮膚の表面で水滴になって流れ落ちるだけで、
体温を下げる役目をはたしてくれません。体温が下がらなければ、体はさらに汗をかこうとするので、
脱水症状を起こしやすくなるのです。

湿度が80%を超える日本の夏は、脱水症状を起こす可能性が非常に高いので、汗が皮膚から蒸発しやすいように、
冷たいおしぽりでこまめに体をふいたり、下着をまめに取り替えるなど、湿気に負けない対策が必要です。

そして、こまめな水分補給が重要ですが、ポイントは、水分だけでなく、ミネラルの補給も適度に行うことです。
大量の汗をかくと、水分とともに、ナトリウムやカルシウム、カリウムなどのミネラルも排出されます。水分だけ
補給すると、血液の塩分濃度が薄まり、熱痙攣を起こしやすくなるばかりか、ミネラル不足を招いてしまうのです。

そこで夏場の水分補給におすすめなのが、梅肉エキスドリンクです。梅肉エキスに、ミネラルたっぷりの黒砂糖や
ハチミツを加えた梅肉エキスドリンクは、梅肉エキスの血流改善効果や疲労回復効果などの働きにミネラルが加わり、
熱中症予防にたいへんおすすめです。甘酸っぱくておいしい梅肉エキスドリンクを、熱中症予防にぜひお役立てください。


お疲れ気味の方におすすめの健康補助食品
"疲れた、だるい、力が出ない、もっとパワーが欲しい
カフェインなんかで誤魔化す、その場しのぎのドリンクに頼っていませんか?"

★ビタミン・ミネラル補給

デイリーパック30 天然素材由来のマルチビタミン・ミネラル
ビタマルチイースト 米国発のマルチビタミン・ミネラル
野菜一番生搾り青汁 9種類の国産野菜エキス
バーリーグリーン  滑らかなのどごしの大麦若葉エキス
クロレラキングDX 筑後株使用 アミノ酸・葉緑素・ルテイン・食物繊維・必須脂肪酸・ビタミン・ミネラル補給源

★アミノ酸補給
 
天然シルクアミノ酸 天然シルクの高品質アミノ酸
ナノコラーゲン 1本50ml中に12000mgも。魚由来の安心・高吸収のコラーゲン
レニエEX とろーり実感、生コラーゲン。夏のダメージ肌
黒コウジ酢 黒コウジ酢カプセル 天然アミノ酸とクエン酸補給
シェイプアミノ 高濃度大豆ペプチド飲料

★紫外線ダメージ

松ポリフェノール ピクノジェノール(フランス海岸松エキス) 食べる水素 クロスゼロ 紫外線を一杯浴びた体、疲れた体への思いやり
鮑の輝き アイクロマ  天眼 紫外線で痛めつけられた目への思いやり

潤歳 高濃度ビタミンC美容液

★元気食品

漢宮すっぽん すっぽん丸ごと一匹を黒焼きに。自宅で地味豊なスッポンサワーが作れます。
神蟻壮健 食用アリに各種活力素材をプラス
ANT 食用アリ粒
ソサナ 韓流 活力食品
爽源 ニラ種パワー ニラ種に各種活力素材をプラス

愛マリタ ニューギニア発の栄養果実パンダヌス(マリタ)から抽出したオイル原液
コエンザイムQ10 素材と吸収力の良さで他を圧倒
ポーレンリフ 完全栄養食と言われる、高品質花粉食品。
田七人参原液 独特の苦みと甘味がクセになりそう
純正濃縮ウコン粒 春ウコンの300倍のクルクミン。ビールの飲みすぎでお疲れの方に
上薬研霊芝ARGO 暑い季節、寒い季節の健康管理に。高濃度エキス抽出
ナトキンパワー M−ヒルディン 龍心EX 循環元 長距離移動の多い方にも


★気分リフレッシュ

アイファーム・バレリアン 夏の夜の、快適なおやすみ環境作りのお手伝い
アルファPSグミ      ヒーリングフードとして注目のKリゾレシチン補給
アルファPSチュアブル 糖衣コーティングのハードタイプ
アルファPSジェリー   糖衣コーティングのソフトタイプ


創健倶楽部 〒220-0053神奈川県横浜市西区藤棚町1-98

Tel 045-260-4030 Fax 045-260-4031