または電話・FAX・店舗でのお買物,他総合案内
e-naショッピングモールでお買物
梅丹本舗 梅丹EG(梅肉エキスに霊芝、高麗人参、カルシウム粉末を配合し粒状に加工)
75g 6,000円(税別)
180g 13,000円(税別)

TOP    問合せ         お店について

梅丹EG 梅肉エキス粒

梅肉エキス

梅丹EG をお気に入りに登録

梅丹EGは、古式梅肉エキスに霊芝、高麗人参、
カルシウムを配合し粒状に成形し、
利便性を高めました。

古式梅肉エキスは、青梅1kgの果汁を
約20gになるまで長時間加熱濃縮して
作る伝統的な健康補助食品です。

クエン酸をはじめとする有機酸を豊富に
含んでいます。

梅肉エキスに、沖縄県産のさとうきびの
食物繊維(ウージパウダー)や、国産の
米粉、寒梅粉を配合し、和歌山県
紀の川工場で、丹念に飲みやすい
粒状に加工しました。

梅肉エキスを飲みたいけれどすっぱい
ものが苦手という方もぜひお試しください。


クエン酸をはじめ複数のの有機酸を豊富に
含んでいます。

梅丹本舗の古式梅肉エキスは、和歌山県産の
青梅を100%使用し、紀の川工場で直火釜を使用し、
丹念にあくを取り除き、手作りしています。

製造過程において黒くなりますが、これも
健康づくりにお役立ていただけます。


古来より梅干しの効用は広く知られています。

梅肉エキスは梅干しとは異なり、塩分をほとんど
含まず、梅の力を享受できます。

さらに、梅肉エキスはにしか含まれない、
ムメフラールの力も得られます


いつでもどこでもお手軽な粒タイプ

梅丹UG(75g、180g)
梅丹EG(75g、180g)

丸い粒タイプで酸っぱさ抑え目







古来より伝承されてきた梅パワー

中国では古来より梅の効能が知られていました。

梅肉エキスは江戸時代後期の書物に
梅肉エキスの原型らしき物のつくり方か゛
紹介されています。

「黒い色」にも秘められた力が

青梅のしほ゛り汁は半透明のきれいな薄い
緑色なのに梅肉エキスは真っ黒て゛す。

梅肉エキスか゛黒くなるのは、メイラート゛反応
と呼は゛れる化学反応によるものて゛す。

メイラート゛反応か゛進むと、メラノイシ゛ン
という物質か゛生成され、強力な抗酸化作用
を促します。


梅肉エキスの課題を克服した粒タイプもご用意

課題その1 あの酸っぱさがどうしても苦手

課題その2 携帯性の悪さ

試行錯誤の末、梅肉エキスと寒梅粉 を混ぜ、日本古来の丸薬の処方を元に、ついに梅肉エキスの粒タイフ゜ を完成させました。

梅丹UG(75g、180g)
梅丹EG(75g、180g)



梅肉エキスに含まれる主な成分

主成分はクエン酸です。それ以外にも、リンゴ酸、
コハク酸、カテキン酸、ピクリン酸などの有機酸が
豊富に含まれています。

有機酸の含有率は50%を上回ります。

その他リン、鉄、カルシウム、マグネシウムなどの
ミネラルも含まれています。

梅肉エキス特有の成分・ムメフラールはとても
注目されています。

これは青梅の果汁を煮詰める梅肉エキスの
製造過程で生成し、生梅や梅干には含まれて
いない成分です。

梅肉エキスはアルカリ性食品

梅肉エキスは、強力なアルカリ性食品です。

わずかな量で酸性食品に偏りすぎた食生活
のバランスを整えてくれます。

野菜、海藻、きのこなどもアルカリ性食品です。
毎日の食事でしっかりと摂りたいですね。



【原材料】 

梅肉エキス(国内製造)、米粉、さとうきび粉末、寒梅粉、霊芝末、高麗人参末、カキ殻末

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 321kcal
たんぱく質 6.4g
脂質 0.2g
炭水化物 81.5g
糖質 65.2g
食物繊維 16.3g
食塩相当量 0.015g
カルシウム 292mg
有機酸(クエン酸換算) 20.8%

【容量】 75g、180g

【お召し上がり方】

1日10粒を目安にお飲みください。
10粒というのは、体重50kgの成人の方の目安です。

そのままなめたり、水、ぬるま湯などでお召し上がりください。


【注意事項】

粒の表面が白っぽくなることがありますが、それは梅の成分であるクエン酸が表面に出てきたものです。そのままお召し上がりいただいても大丈夫です。


【メーカー・販売元】:梅丹本舗

商品名 形状・容量 価格(円) ひとこと
梅丹EG
 
75g 6,000(税別) クエン酸とムメフラールの力をお試しください
 
180g 13,000(税別)