夏バテ
本文へジャンプ

 

夏の健康管理は体温調節から

      ●体を冷やし続けると自律神経が乱れる
      ●10℃以上の温度差は体にはキツイ
      ●夏バテ予防・回復には入浴がおすすめ
      ●汗を上手にかく練習をする
      ●夏の疲れがどっと出た時は、アミノ酸


◆夏の健康管理は体温調節から



体に悪いとはわかっていながら、都会ではクーラー無しの夏なんて考えられません。
でもクーラー漬けの毎日が続くと、当然体に悪い影響が出ます。

だるくて疲れが取れない・足腰が冷える・肩こり・頭痛・神経痛・胃腸障害・生理不順など。

これらはすべて長時間、クーラーで体を冷やしすぎることが原因です。

●体を冷やし続けると自律神経が乱れる

体温は自律神経の働きで常に36.5℃前後に保たれています。

この自律神経には交感神経と副交感神経があり、体温が上がると副交感神経が働き、血管を広げ血流をゆるやかにし、体をリラックスさせます。

また汗を出して体温を下げるように汗腺に指令を出します。

他方、体が冷えてくると、交感神経が働きを強めます。

血管を収縮させ、血流を活発にし、血液を脳や心臓など重要な臓器に優先的に流し、体温が下がらないようにします。

手足の毛細血管は後回しになるので、手足は一時的に冷えますが、体の中心部が温まると手足の毛細血管にも血液が循環して体全体が36.5℃前後に保たれます。

ところがクーラーで体を冷やし続けると、自律神経が体温を上げようと頑張っても体が温まりません。

このように交感神経ばかりが長時間働くと自律神経が乱れて、さまざまな不快症状がでます。

●10℃以上の温度差は体にはキツイ

10℃以上温度が高い所に移動した時に感じる衝撃を「ヒートショック」、逆に10℃以上温度が低いところに移動した時に感じる衝撃を「コールドショック」といいます。

このようなショックを繰り返していると、自律神経は温度変化に対応できなくなります。

体温を上げるべきか、下げるべきかわからなくなてしまうのです。

銀行、コンビニ、オフィス、レストラン、喫茶店、電車など人の出入りが多い所は、温度がかなり低めになっています。

着るものを工夫して対応しないとクーラー病になる可能性が高くなります。

●夏バテ予防・回復には入浴がおすすめ

暑いからといって、シャワーだけで済ます方が多いと思いますが、入浴にはさまざまなメリットがあります。

入浴は疲労物質を減少させてだるさや疲労感を軽くします。
血行を促進して冷房のあたり過ぎによる冷えを改善する。
リラックスできて安眠を誘うなど夏バテに大きな効果があります。

お湯はぬるめにすることがポイント。
熱いと交感神経が刺激され、緊張状態を強めてしまいます。
入浴中は好きな音楽を聴いたり、お気に入りの入浴剤を上手に使うのも良いでしょう。

みぞおちから下の部分だけお湯につかる半身浴もおすすめです。

●汗を上手にかく練習をする

暑くなった体を冷やし、体温をすばやく下げるには、全身で一気に汗をかくことです。

通常汗は、顔から首筋、おなかや背中と徐々に出て、その後、手足から発汗します。

ところが年中暑い所に住む人々は、全身ほぼ同時に汗をかくことができます。

この働きで体温をすばやく下げることができます。

1日2時間はクーラーのスイッチを切って、自然の風の中で汗だくになりましょう。

これを2週間程度続けると、全身からすばやく発汗できるようになります。
なお練習中は水分補給を忘れませんように。

●夏の疲れがどっと出てどうしようもない時は、アミノ酸

寝不足、食欲不振、ビールの飲みすぎなどが積もり積もって、何をやってもだるくて仕方がない。
そんな時は、吸収性の良いアミノ酸を摂りましょう。

アミノ酸とはタンパク質を構成する最小単位です。
人間の体を作るタンパク質はいくつものアミノ酸の集合体です。
アミノ酸は生命体の設計図・DNAの遺伝子情報を元に結合し、それによって私たちの体が作られます。

脳、内臓、骨、血液、神経伝達物質、ホルモンにいたるまですべてがアミノ酸からできているのです。

私たちの体は約60%が水分で構成され、タンパク質が体重の20%を占めています。

体重50kgの人は約10kgがタンパク質です。

このタンパク質を構成しているのが20種類のアミノ酸です。

DNAからの注文があってから1時間以内にアミノ酸は細胞まで届けられます。

しかし腸内環境が乱れている現代人や疲れきっている人にはアミノ酸をペプチド化しより一層消化吸収力を高めた、大豆ペプチドがおすすめ