Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
胃・十二指腸潰瘍
 検査値の正常と異常の検索 
  病気治療目次戻り 



病名:胃・十二指腸潰瘍
消化性潰瘍=胃・十二指腸潰瘍は,胃液により胃や十二指腸の内壁が消化され,潰瘍のできる病気です。胃液は胃酸と消化酵素の強力な消化作用で発生します。
内壁は粘膜から分泌される粘液で防御されています。この粘液が十分であれば潰瘍を発生しません。それが胃液の酸性度が低くても,粘液の分泌が不十分だと潰瘍を生じます。
いうなれば,胃や十二指腸の内壁を冒す攻撃因子と,それを守る防御因子のバランスが攻撃因子へ傾くと潰瘍の発生となります。攻撃因子には胃酸や消化酵素などのほかに,胃液を分泌する壁細胞が多かったり,胆汁酸の逆流,胃の蠕動運動の亢進などがあります。一方,防御因子には,粘膜からの粘液の分泌のほかに,粘液層の良好な血液循環や,防御機能を整えるホルモン分泌,粘膜細胞の新陳代謝の活性化などがあります。
急性の消化器潰瘍の大きな誘引は,ストレスといわれています。それは,胃や十二指腸は内臓神経=交換神経と迷走神経=副交感神経に支配されていますが,これらの自律神経はストレスに過敏で,ストレスを受けますと交換神経によって血管が収縮し血流を低下させると同時に,副交換神経によって胃液の分泌や胃の運動が促進されます。その結果,防御因子より攻撃因子へとバランスがくずれて潰瘍がつくられるようになります。急性潰瘍はストレスのほかに,種々の薬剤の服用でもあらわれることがあります。
主症状
潰瘍は,そのでき方や深さによって,急性潰瘍と慢性潰瘍に分けられます。急性潰瘍のほとんどは精神的ストレスによって生じます。胃の壁は内側から粘膜上皮,粘膜筋板,粘膜下層,固有筋層,奨膜層から構成されています。急性潰瘍の一つの糜爛状潰瘍が多発するものは,壁面の最も浅いところにある粘膜上皮だけに及ぶ潰瘍で出血しやすものですが,粘膜上皮の細胞は3〜4日で再生することから治りも早いものです。
慢性潰瘍は潰瘍の数は少ないものですが,固有筋層や奨膜層など深いところまで潰瘍が及びます。これは深部の血管にまで収縮が起こり血流を低下させるためです。筋層は再生しないためそれを補う組織ができるのに1〜2ケ月以上を要します。原因は明らかではありませんが,生活環境に起因する持続的なストレスが関与してできる潰瘍といわれています。実例としては,夜も眠れないようなストレスが5日以上続くと,多くの人に慢性潰瘍が生じます。急性潰瘍は一過性で原因となるストレスを取り除けば治ってしまいますが,慢性潰瘍は再発率があって,統計的データでは,5年間で約80%と非常に高い特徴があります。
消化性潰瘍の症状は空腹時にシクシクと痛む特徴があります。あるいは食後から時間のたった夜中や明け方などに痛みを訴えることが多く,水分や食事をとると痛みは治ります。潰瘍が背中側にできたときは,背中や右肩に鈍い放散痛を感じることがあります。鳩尾が痛むのは十二指腸球部に潰瘍ができたときです。
診断
診断はX線二重造影法や内視鏡検査で行います。
二重造影法はわが国で開発された診断技術です。造影剤のバリュウムと胃を膨らませる発泡剤を飲んで撮影を行います。この二重造影法は早期胃ガンの発見に大いに役立っています。
治療
胃・十二指腸の治療は,胃酸分泌を抑えるH2ブロッカーという薬が開発されてから大きく変わりました。これにより薬物療法を基本に治療するのが主流とまりました。現在は良性潰瘍に対しては,原則として手術は行いません。

薬物療法のあらましは次の通りです。
胃酸は胃壁の壁細胞でつくられ,その分泌は,@ 幽門前庭部から分泌されるガストリン(消化管ホルモンで,胃体部の壁細胞に作用して胃液の分泌を促すもの),A 迷走神経,B ヒスタミン といった3つの要素の組み合わさった刺激を壁細胞のレセプター=受容体が受けて分泌されます。H2プロッカーはこのうちのヒスタミンの受容体=H2レセプターをブロックして,壁細胞がヒスタミンによって,刺激されないようにする薬です。この薬は特に問題となるような副作用もなく,著しい胃酸分泌抑制効果と即効性があることから広く普及しています。ほかに迷走神経やガストリンをブロックする胃酸分泌抑制剤も使用されています。最近は,胃壁細胞内でつくられた胃液が,胃の中へ分泌されないようにその出口をブロックするプロトンポンプ阻害剤なども用いられています。
昔から使用されています重曹,マグネシウム製剤は制酸剤です。これは,激しい痛みを早くとる効果があります。また種々の胃粘膜保護薬も使われています。
つい最近になって,H2ブロッカーが薬局で容易に購入できるようになりましたが,薬物療法で大事なことは,お医者さんの服薬指導を必ず守ることです。痛みが治まると服用しなくなっていけません。痛みが治まった後もある期間服用すれば,大概の胃・十二指腸の潰瘍は治癒します。加えて,日常生活のストレス解消の努力と,規則正しい食事の摂取=少量頻回食を続けることも大切です。

内視鏡治療は胃壁から出血のある急性潰瘍の場合です。急性潰瘍は深さはないのですが,範囲が広くなるために出血しやすいものです。出血さえ抑えれば治癒も早く,再発や再出血も多くありません。
口から内視鏡を入れて止血するのには次の方法があります。
@ 内視鏡先端から出血場所の周辺に,濃度の高いエタノールを注入する方法。
A 内視鏡先端からレーザーを出血場所に照射して熱により止血する方法。
B 内視鏡先端にはめ込んだヒートブローブの温度を次第に高めて血液を凝固させる方法。

開腹手術は胃壁の深いところにある太い血管からの大出血や,胃・十二指腸に孔が開いてしまつたとき=穿孔,そして幽門部の狭窄が起きているときなどの外科手術です。出血や穿孔では,その部分を止血や穿孔閉鎖で処置し,胃切除をしないときは場合と,胃酸分泌を抑える目的で胃切除=約3分の2をするケースがあります。狭窄では,狭窄部を含めて胃を焼く3分の2切除します。胃液の分泌を抑制する目的の迷走神経切除は,単独ではあまり行われません。壁に穿孔が生じた場合,最近では,腹腔鏡を用いた手術が試みはじめられています。腹部に直径1〜2センチの孔を数ヶ所開けて,腹腔鏡で中を覗きながら孔を縫い合わせます。開腹手術に比べ,患者の肉体的負担が少なく,術後の痛みも少なく,入院期間も短縮されます。また,回復も早い利点があります。


病気治療目次戻り